視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復Q&A】両親の視力はいいのに子供の視力が悪い

学校の健康診断で、小学校3年生の息子が、B判定をもらってきました。いわゆる仮性近視になりかけているのだと思うのですが、私も夫も視力は裸眼で1.5くらいあって近視ではありません。両親が視力がいいのに、子供の視力が悪いということはあるのでしょうか?

ご両親の視力がいいからといって、
子供も近視にならないとは限りません。

 

逆に、ご両親が近視だからといって、
子供も近視になるとは限りません。

 

 

つまり・・・

 

 

子供の視力は、普段の生活環境によって
大きく左右されてしまうということです。

 

 

【関連記事】目にいい環境を整えてあげましょう!

 

 

子供の仮性近視の一番の原因は、目の筋肉にストレスを
与え続けることによって目の筋肉が凝り固まってしまうことです。

 

そのため、目のストレッチを行ったり、遠近トレーニングを行ったりして
目の筋肉のコンディションを整え、ピント調整機能を活性化させる
必要があるわけです。

 

 

ちなみに・・・

 

 

子供の近視と「遺伝」に関連性がないのかというと、
100%関連性がないというわけではありません。

 

例えば、成長につれて眼球が大きくなってくることで
ピントが合いにくくなったりすることがありますが、
眼球の大きさなどは親子で遺伝することはありえます。

 

 

ただし、成長とともに眼球の大きさが変化したとしても、
ピント調整機能も自然と適応してくることがほとんどなので、
子供の近視と遺伝は、それほど関連性はないと言えます。

 

※何らかの遺伝的病気に関してはこの限りではありません。

page top