視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復Q&A】免許更新までに視力を上げたい

子供ではないのですが、視力を回復させる方法について質問させてください。もうすぐ免許更新なんですが、視力検査で引っかかるかもしれず不安に思っています。たしか裸眼視力で0.7が必要だと思うのですが、今の自分の視力はおそらく0.7あるかないかギリギリのところだと思います。1〜2ヶ月程度で効果のある、おすすめの視力回復法があれば教えていただけませんでしょうか。

まず最初に、免許更新のときに必要な視力をまとめておきます。(※代表的な免許種別のみ、まとめてみました。さらに詳しく知りたい場合には、全国の免許センターのホームページを参照してください。)

 

普通免許

・両目視力:0.7以上
・片目視力:0.3以上
※同時に合格する必要があります。

二輪免許
原付免許

・両眼視力:0.5以上

大型免許

・両眼視力:0.8以上
・片目視力:0.5以上
※同時に合格する必要があります。
※さらに、奥行きを見分ける検査もあります。

※代表的な種類の免許のみ記載

 

片眼視力で「0.3」でいいというのは、個人的に意外でした。もちろん、両眼視力で「0.7」ないといけないわけなので、安全に運転できるのが前提であることは間違いありません。

 

ちなみに、両眼視力「0.7」というのも、意外と低い数値だなという気もします。小学校で行われている学校検眼の判定値で言えば「B判定」のレベルで、いわゆる「仮性近視」が疑われる状態になるかと思います。意外と低い視力でも大丈夫ということですね。

 

 

視力検査に不合格だった場合は?

 

 

免許更新の際の視力検査で、上記の基準を満たさなかった場合には、少し時間を置いて再検査を受けることになります。それでも基準に達しなかった場合には、後日、再検査を受けないといけません。

 

注意点としては、免許証の有効期間内に合格しないといけないということです。有効期間内に合格できないと、その免許証で運転することはできません。また、免許証が「失効」してしまうことになるので、とても面倒なことになってしまいます。そのあたりを考慮して、少し早めに免許更新手続きをしてください。

 

 

免許センターのその場でできる対応

 

 

免許センターのその場でできることは限られていますが、とりあえず次の4つを試してみるといいかもしれません。

 

  • 遠くを見て目をリラックスさせる
  • ギューパ運動をする
  • 目の周囲のツボを刺激する
  • 目薬をさす

 

1.遠くを見て目をリラックスさせる

 

免許センターに到着したら、建物に入る前に、3分ほど外で遠くを見るようにしてください。誰かを待ってるような感じで、さり気なく遠くを見続けるわけです。

 

目のピントを調整する筋肉(毛様体筋)は、近くを見るときにギュッと力が入り、遠くを見るときには脱力した状態になります。なので、3分程度脱力したリラックス状態にするわけです。

 

2.ギューパ運動をする

 

検査の直前、順番を待って並んでる間は、いわゆる「ギューパ運動」をするといいです。ギューパ運動というのは、「1.ギューッと目をつぶる」→「2.パッと目を開ける」を何度も繰り返す方法です。

 

3〜5秒程度ギューッと目をつぶって、パッと目を開けることを10回程度繰り返すと、目の周りの血液が循環して、スッキリした感覚が得られます。一時的に視力がアップする効果が期待できます。

 

3.目の周囲のツボを刺激する

 

ギューパ運動で目がスッキリしたら、仕上げに、目の周囲のツボを押してみてください。下の写真に、眼精疲労に効くとされる代表的な4つのツボをご紹介しておきます。

 

 

代表的な4つのツボを刺激してみましょう

 

 

正確な位置は個人差もあるので、ご自身で探してみてください。探し方のコツとしては、ちょっと凹(くぼ)んだ箇所を探してみてください。少し強めに押してみて、イタ気持ちいい感覚のある場所が見つかったら、そこがツボと考えてOKです。

 

4.目薬をさす

 

最後の仕上げとして、検査直前に目薬をさすことをおすすめしたいです。なぜかと言うと、目の表面に薄く「目やに」が付いていることがあり、視界をわずかにボヤけさせていることが少なくないからです。

 

なので、目薬をさして、目をパチパチやって、こぼれてきた目薬をハンカチで拭い取ってください。そうすると、目やにがキレイにとれて、視界がクリアになります。視力検査で自分の実力がフルに発揮できるはずです。

 

 

本格的な視力回復トレーニングをやってみては?

 

 

免許更新まで2〜3ヶ月程度あるなら、本格的な視力回復トレーニングをやるのが一番確実かもしれません。数日で効果が感じられますし、2ヶ月程度コツコツ続けていただければ、回復した視力がきちんと定着します。

 

 

本格的な視力回復トレーニングを試してください(※写真はこちら

 

 

仮に検査で不合格になってしまうと、メガネを作らざるをえなくなります。メガネを作ると3〜5万円程度かかったりするので、それを考えればトレーニングキット代は高くないと個人的に思います。

page top