視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復Q&A】生活習慣をどう見直せばいいか?

小学生の子供がいる主婦です。私は小学生の頃から視力が悪くてメガネをかけていました。同じクラスにメガネをかけている子はいなくて、すごく抵抗を感じていました。クラスの男子から「めがね」などと呼ばれたりして、すごく嫌だったのを覚えています。自分の子供にはこのような嫌な思いをさせたくないと思っていまして、子供の頃から目に優しい生活習慣を身に着けさせたいと考えています。管理人様のご意見としては、どのような点に注意して生活するのがいいと思われますか?

ここ30年ほどの統計データによると、視力に問題のある子どもの割合が、年々増加傾向にあるそうです。このような「傾向」があるということは、社会全般的に「視力に問題を抱えやすい環境」になっているということだと思います。

 

お子さんの視力を守るためには、お子さんの視力に悪影響を与えそうな要因をひとつひとつ取り除く必要があります。そして、お子さんの視力に良い影響を与えるような生活習慣をとり入れることが大切になってきます。

 

ということで、ここでは最も基本になる3つのポイントについて考えてみたいと思います。

 

部屋を明るくする

 

そもそも「見える」というのはどういう現象なのか? まずは、外部から入ってくる「光」を網膜が感知します。そこで、電気信号に変換され、脳に視覚情報が送られます。その視覚情報を脳が映像として処理することによって、「見える」という状態になります。つまり、見えるという状態の大前提として「十分な光」が必要になるということです。

 

この際、最新のLEDライトを使ってみませんか?

 

では、考えてみてください。もし光が十分に足りていない場合はどうなるか?

 

光が足りていないと、ハッキリと見るために目に大きな負担がかかります。目の周囲の筋肉が緊張し、網膜の活動に要するエネルギーも増えてしまいます。このような状態が日常茶飯事という状態になってしまうと、目が疲れてきて、視力にも悪影響が出てしまうことは明白です。

 

ということで、子供の勉強部屋など、お子さんが日常的に生活するスペースについては、なるべく明るい環境を整えてあげましょう。最近では「LED電球」を使った明るい照明が売られていますので、もし部屋が暗い場合には交換していただいたほうがいいと思います。

 

いわゆる「PCメガネ」を使う

 

個人的にとてもおすすめなのが、いわゆる「PCメガネ」を使うことです。度は入っていない「ダテメガネ」で、テレビやパソコン、スマホなどの「液晶画面」を見るときに使用します。

 

PCメガネというのは、別名「ブルーライトカットメガネ」などとも呼ばれます。目に悪影響を与えることが分かっている「ブルーライト」を遮断してくれる効果があります。

 

テレビ・パソコン・スマホによる目のダメージを大幅軽減

 

私自身も毎日使っていますが、「目の疲れ方」がまるっきり違います。パソコンの画面などずっと見ていると、目が痛くなったりしますが、PCメガネを使用しているとそのような不快な症状がほとんどありません。

 

値段も1,000円程度から売られているので、家族全員分を購入しておくといいかもしれません。特にお子さんには、将来のことも考えて、さっそく使わせたほうがいいと思います。

 

 

【参考】PCメガネのサンプル

 

 

視力回復トレーニングを習慣化する

 

そして3つ目の対策。それは、視力回復トレーニングを日常生活にとり入れることです。1日数分でできる簡単なものなので、例えば寝る前とか、例えばお風呂上がりとか、毎日タイミングを決めて実践してみてください。

 

人間の習性として、「21日間」続けてやると、習慣になるんだそうです。なので、最初はめんどくさく感じるかもしれないですが、意識的に21日間、視力回復トレーニングをやってみていただきたいです。そうすると、それが習慣になって、目にいい生活習慣が身につきます。

 

大切な子供の視力を守りましょう

 

お子さんの目はとてもデリケートなものですし、悪くならないように細心の注意を払うべきです。そのためにも、最初は親御さんが教えてあげる形で、視力回復トレーニングを毎日やらせてください。1ヶ月程度やり続けると、親がいちいち注意しなくても、子供が自分で視力回復トレーニングをやってくれるようになります。

 

視力回復トレーニングは、視力が悪くなってからやるだけのものではありません。一生役立つ生活習慣になりますので、ぜひお子さんに身につけさせてあげてください。

page top