視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復Q&A】仮性近視と真性近視の見分け方

うちの子が最近、学校の黒板の字が見えにくいらしく、メガネにすべきかどうかも含めて、どうすればいいのか悩んでおります。仮性近視であれば視力回復トレーニングが効果的とのことですが、真性近視だったらトレーニングは効果がないのでしょうか? 仮性近視かどうか見分け方が分かれば参考になるのですが、どのように判断すればいいのでしょうか? もし分かりましたら教えてください。

黒板の字が見えにくいということであれば、
学校の勉強に支障が出てしまう前に
何らかの対策を取る必要があると思います。

 

ご相談者様が言われる通り、
仮性近視であれば視力回復トレーニングが
とても効果がある可能性があるので
さっそく始めてみていただきたいと思います。

 

 

仮性近視と真性近視の見分け方

 

お子さんの近視の症状が
仮性近視なのか真性近視なのかの見分け方ですが、
実際のところパッと見分ける方法はありません。

 

なぜかと言いますと、仮性近視も真性近視も
目の筋肉(毛様体筋)が凝り固まっているという
「同じ症状」だからです。

 

仮性近視は一時的な凝り固まりで、
真性近視は永続的な凝り固まりという違いだけで、
今この瞬間の症状としては違いがないわけです。

 

 

ということで、仮性近視と真性近視を正確に見分けるためには、
とりあえず一度視力回復トレーニングをやってみて、
効果があるのかないのかを確かめるのが現実的な方法になります。

 

 

おそらく「仮性近視」では?

 

というようなことを踏まえて
ご相談者様のケースで考えてみますと、
学校の黒板の字が見えにくくなったのが「最近」とのことなので
おそらく現時点では仮性近視ではないかと思います。

 

テレビやスマホやゲームや、
あるいは勉強しているときの姿勢や部屋の明るさなど
何らかの原因で目の筋肉(毛様体筋)に負担がかかり
一時的に凝り固まってきているのだと思います。

 

なので、おそらく視力回復トレーニングが効果的だと思いますし、
真性近視に移行してしまう前の今の段階で
さっそく視力回復トレーニングを試してみてください。

 

時期を逸してしまうと後悔してしまうことにもなりかねないので、
適切なタイミングで適切な対応を心がけてください。

page top