視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復Q&A】脳を鍛える脳トレで視力回復

脳を鍛える脳トレで子供の視力が回復できるというのは本当ですか?

脳を鍛える脳トレで
子供の視力が回復できるかというご質問ですが、
回答としては「ケース・バイ・ケース」ということになります。

 

 

つまり、お子さんの視力低下の原因が、
脳と視力の連携にある場合については
脳を鍛えることで視力回復が期待できますが、

 

一方で、お子さんの視力低下の原因が、
毛様体筋が凝り固まっていることによる場合には、
一般的な視力回復トレーニングが効果的です。

 

 

ものごとには「原因」と「結果」があって、
原因が何か?ということに応じて、
適切な対策をとる必要があるということです。

 

 

脳と視力の連携に問題があるとは?

 

ちなみに、視力低下の原因が
脳と視力の連携にあるというのはどういうことか
よく分からない方もいらっしゃると思います。

 

そこで、少し掘り下げてご説明いたします。

 

 

じつを言うと、赤ちゃんの頃はだれでも、
視力があまりよくありません。

 

こちらの別記事でもお話ししていますが、

 

赤ちゃんは目が見えてないというのは本当ですか?

 

新生児の視力は0.01〜0.02程度しかなくて、
明るいか暗いかが分かる程度らしいんです。

 

新生児の視力が悪いのは、
目に入ってくる情報を脳が適切に処理することができずに、
ピントも合わずにぼんやりしているからです。

 

 

それが、数カ月たってくることには、
目に入ってくる情報を脳が適切に処理できるようになってきて
「見える」という状態になってきます。

 

これを基礎知識として持ってください。

 

 

そして、まれに小学生くらいになっても、
目に入ってくる情報を脳が適切に処理できない
お子さんがいらっしゃいます。

 

つまり、脳と視力の連携に問題があるというわけです。

 

 

このようなケースの場合には、
一般的な視力回復トレーニングも有効ではありますが、
脳トレがすごく効果的な場合も少なくありません。

 

 

脳トレの考え方を採り入れた視力回復教材

 

ということで、お子さんの視力が悪い場合には、
まず最初に一般的な視力回復トレーニングを試してみてください。

 

そして、効果がイマイチだと思った場合には
脳を鍛える脳トレを試してみるのがいいと思います。

 

 

脳トレの考え方を採り入れた視力回復教材も販売されていて、
例えば次のような教材が人気があるようです。

 

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ!」

 

 

お子さんの視力低下の原因を考えていただいて、
脳と視力の連携に問題があると思われる場合には
一度試してみるといいかもしれません。

page top