視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復Q&A】視力回復までに学校の成績が下がらないか心配

小学生の子供がいるのですが、最近、学校の黒板が見えにくいと言うようになりました。それで視力回復トレーニングの教材を購入し、1週間ほど前から始めているのですが、視力回復の効果が出るまでに2〜3ヶ月程度かかるとのことで、それまでの間に学校の成績が落ちてしまわないかと心配しています。とりあえずメガネを作るなどということは、視力が回復したら無駄になりますし、かといってこのままでは黒板が見えずに授業についていけなくなるかもしれません。視力回復トレーニングの教材を購入される他のご家庭では、どういうふうにされているものなんでしょうか?

視力回復トレーニングはしっかり取り組んでいただければ
しっかり視力回復の効果が期待できるものです。

 

効果の期待できる視力回復トレーニング方法の参考例

 

とは言え、視力回復の効果が感じられるまでには
一般的に2〜3ヶ月程度はトレーニングを続ける必要があり、
それまで待てないと言われる方も少なからずいらっしゃいます。

 

 

視力回復トレーニングを続けていると段階的に見え方が良くなる

 

 

視力が落ちてしまうと、授業中に黒板が見えないため
学校の授業についていけなくなる心配があります。

 

そのため2〜3ヶ月程度もその状態が続いてしまうと
学校の成績が落ちてしまうんじゃないかと心配になるのは
ある意味当然のことだと思います。

 

 

ただし、視力回復トレーニングを続けると
少しずつ見え方が改善してきますので
2〜3ヶ月間ずっと見えないということではありません。

 

右肩上がりというと正確ではありませんが、
少しずつ仮性近視の症状が改善されていきます。

 

つまり、1ヶ月目、2ヶ月目と続けるにつれて、
黒板の文字も見やすくなっていくというわけです。

 

 

少しずつ見え方が良くなってくると、
お子さんも視力回復トレーニングを続けるモチベーションが
高まってくると思います。

 

あせらずに2〜3ヶ月程度、
視力回復トレーニングを続けてみてください。

 

 

お子さんの家庭学習をサポートしてあげてください!

 

 

視力回復トレーニングに取り組む2〜3ヶ月間については、
できれば親御さんがお子さんの家庭学習をサポートしてあげる
ことをおすすめしたいです。

 

家庭学習をサポートしてあげることは
親子関係を親密なものにするきっかけにもなりますし
お子さんの苦手分野など発見するきっかけにもなります。

 

ちょうどいい機会だと思いますし、
ぜひお子さんの勉強を見てあげてください。

 

 

それでも心配な場合には、
担任の先生にお願いして席を前の方に
変えてもらうということも可能かもしれません。

 

どうしても心配な場合には交渉してみてください。

page top