視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復Q&A】なぜ眼鏡屋さんが存在するのか?

素朴な疑問なんですが、トレーニングで視力が回復するのであれば眼鏡屋さんは存在しないはずではないですか?しかし、現実には眼鏡屋さんがいっぱい存在してますよね。これはつまり、視力回復トレーニングが効果がないからなんじゃないですか?

視力回復トレーニングはほんとうに効果があるのか?
というご質問は、とっても多いです。

 

お子さんの視力をなんとかしたいと思っていても、
効果があるのかどうか確信を持てないため、
悩んでしまってる方が多いんだと思います。

 

 

ご相談者様もそんな状況なんだと思いますが、
結論から言いますと、子供の仮性近視は
トレーニングすれば回復できます。

 

では、なぜ眼鏡屋さんがなくならないのか?

 

 

それは、視力回復トレーニングの存在を知らない人が
圧倒的に多く、視力回復できるタイミングを逃してしまい
眼鏡にするしかなくなってしまうからです。

 

あるいは、トレーニングをコツコツ続けることができずに、
三日坊主になってしまって、回復できないケースも
あるかもしれないですね。

 

 

せっかく視力回復できる方法があるのに、
視力回復できないままになってしまうのは
本当にもったいないことです・・・。

 

 

ちなみに・・・

 

 

眼鏡屋さんのお仕事は近視用眼鏡だけではありません。

 

老眼用の眼鏡とか、強度弱視用の眼鏡とか、
ファッション用の眼鏡などもあるので、
眼鏡屋さんがなくなることは今後もないと思います。

page top