視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復Q&A】自宅で具体的にどんなことをすればいい?

小学2年の子供が最近テレビを見るときに目を細めているのに気付きました。目を細めないと見えにくいみたいなんです。学校の黒板も少し見えにくくなってるみたいで、眼鏡を作ったほうがいいかもしれないと思ったんですが、女の子ですし眼鏡はかわいそうなので、担任の先生に前の方の席に変えてもらえないかお願いしました。次回の席替えのときに配慮してくれるとのことでした。それでご相談したいことなんですが、子供の視力を回復させるために自宅ではどんなことをすればいいでしょうか?具体的に気をつけるべきことがあれば教えていただきたいのですが。

小学2年生で視力低下の気配があるというのは、
親御さんとしてはとても心配だと思います。

 

 

ところで・・・

 

 

「自宅で気をつけるべきことは何か?」というご質問ですが、
お子さんの視力が低下してしまった原因を取り除くことが
まず第一に必要かと思います。

 

例えば、テレビを長時間見てるとか、
電子ゲーム機の小さい画面をずっと見てるとか、
薄暗い部屋で勉強してるとか、

 

何かしら目に負担がかかるようなことを
日常生活の中でやってしまってると思うんですよね。

 

お子さんの生活パターンをよく観察して、「目に悪いかも?」と
思われるようなことをひとつひとつ無くしていってください。

 

 

【関連記事】目にいい環境を整えてあげましょう!

 

 

もうひとつ大切なこととして、
目をしっかり使えるようになるために、自宅でできる
視力回復トレーニングを毎日行うようにしてください。

 

子供の仮性近視の根本的な原因は、
目のピント調整機能を持つ筋肉が
凝り固まった状態になってしまっていることです。

 

 

つまり、子供の仮性近視を回復させるためには、
凝り固まった筋肉をストレッチでやわらかくして、
さらに筋肉をしっかり動かして鍛える必要があるんです。

 

ステップ1 ストレッチで筋肉をやわらかくする
ステップ2 筋肉をしっかり動かして鍛える
ステップ3 毎日トレーニングしてレベルアップさせる

 

 

例えば、スポーツ選手の場合でも、
練習の前後にストレッチで筋肉をしっかりほぐし、
練習中はしっかり動いて筋肉を鍛えます。

 

そして、毎日毎日トレーニングをすることで、
どんどんレベルアップすることができます。

 

 

子供の仮性近視を回復させるのと、
スポーツ選手が競技のレベルを高めるのとは
ある意味同じことなんですよね。

 

 

具体的に何をすればいいかといえば、
次の2つの視力回復トレーニングのどちらかを
やってみることをおすすめします。

 

↓↓↓

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法

楽々!視力アップ マニュアル

 

 

お値段やセット内容が少し違いますが、
どちらも実際に効果のあるトレーニング法です。

 

販売ページをしっかり比較して、
どちらか気に入った方を選べば大丈夫です。

 

 

子供の視力を守ってあげられるのは親御さんしかいません。

 

お子さんの視力がこれ以上低下しないように
早めに早めにできる限りのことをしてあげてくださいね。

page top