視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復Q&A】視力回復トレーニングで視力が回復する理由

子供の視力は、視力回復トレーニングで回復すると聞いたのですが、本当にそんなことができるんでしょうか?

「近視」には2種類あって、

 

大人の近視は、「真性近視」と呼ばれる
トレーニングでは回復しない近視です。

 

 

一方で・・・

 

 

子供の近視は、「仮性近視」と呼ばれる
トレーニングで回復する可能性が高い近視です。

 

 

目のピントを合わせる仕組みをおさらい

 

 

「目」には、2枚のレンズがあります。

 

「角膜」という眼球の表面にあるレンズと、
「水晶体」という、角膜より内側にあるレンズです。

 

 

このうち、「水晶体」というのは、少し柔らかくて
目の筋肉で押したり引いたりすることで、厚みを
調節することが可能です。

 

 

つまり・・・

 

 

目の筋肉で水晶体をギューっと押し付けたり、
ピーンと引っ張ったりすることで、
「ピント」を合わせることができるわけです。

 

 

仮性近視の子供は目の筋肉がカチカチになってます!

 

 

カラダの機能っていうのは、使えば鍛えられますが、
使わなければどんどん弱ってしまいますよね?!

 

 

例えば、骨折とかしてしばらく松葉杖を使ったりしてると、
骨折が治ってからも、まともに歩くことができません。

 

脚の筋肉が弱ってしまってるからです。

 

 

そして・・・

 

 

現代の子供たちは、テレビの画面や、携帯ゲーム機の画面や、
机の上の問題集や、

 

そういった「近くのもの」ばかりをジーッと見つめる機会が多く、
眼の筋肉を十分に鍛えることができていません。

 

 

そのため、子供たちの眼の筋肉は、カチカチに固まって、
十分に機能できなくなっているわけです。

 

 

カチカチに固まった筋肉はトレーニングしてやわらかくすればいい!

 

 

運動不足の大人は、カラダがすごく硬いので、
例えば「前屈体操」などがとても苦手ですよね?!

 

ですが、そんな大人でも、毎日ストレッチ体操を続けて
いると、だんだんカラダがやわらかくなってきます。

 

 

つまり・・・

 

 

硬くなった筋肉は、ゆっくり時間をかけてストレッチして
いくことで、だんだんやわらかくなってくるということです。

 

 

そして、それは子供の眼の筋肉についても
同じことが当てはまります。

 

 

正しい方法で、視力回復トレーニングを毎日続ければ
子供の硬くなった眼の筋肉が、きちんと機能し始めます。

 

 

具体的には・・・

 

  • 「アイストレッチ」・・・目の筋肉をリラックスさせる
  • 「遠近トレーニング」・・・ピントを合わせるトレーニング

 

↑↑↑

 

この2つを組み合わせた視力回復トレーニングを
すぐに始めてください。

 

 

仮性近視は、原因を取り除けば、ビックリするほど
簡単に回復させることができます。

 

信じられないかもしれませんが、やるだけの価値があるので、
強くおすすめさせていただきます。

page top