視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復のヒント9】日常生活で最も警戒すべき液晶画面

現代社会では液晶画面を見ることなしに生活するのは難しいです。ですが、液晶画面からは「ブルーライト」というエネルギーの強い光が放出されていて、その光が目に入り続けると、網膜にダメージを受けてしまう可能性があります。そこで、日常生活においてどのような対策が考えられるのか? 以下のお話が参考になるかもしれません。


 

 

最近は、視力を悪くする若者が増えてます。これは、パソコンやスマートフォンの使い過ぎが一因とも言われてます。この世の中では、仕事でもプライベートでも日常生活においてパソコン・スマートフォンは切り離すことが出来ないので余計に視力に影響が出ているわけです。

 

テレビもそうですが、液晶画面を見続けることは目を酷使することにつながります。まず、誰でも簡単にできる対策としては、液晶画面に目に優しいシートを貼るという方法があります。液晶画面専用のシートは電化製品店へ行けば売っています。

 

価格は液晶画面の大きさにより異なります。スマートフォンですと、1,000円以内で売られていますし、パソコンですと2,000円から5,000円の範囲で手に入るはずです。多少費用がかかったとしても、大切な視力のためと考えれば、特にお子さんのいるご家庭などでは試してみる価値はあると思います。

 

液晶画面がどのように視力に悪いのかということですが、液晶画面というものは「ブルーライト」という特殊な光を出していて、目の網膜にダメージを与えていると言われています。つまり、液晶画面を見続けているだけで、目をかなり酷使しているような状況になってしまっているわけです。

 

 

また、画面の文字が停止していても、実際には本文字がブルブルと震えている状態(※光がチカチカと点滅している状態)で映しだされてますので、文字を見てるだけで非常に目が疲れてしまいます。

 

そのような悪影響を軽減できるのが、液晶画面専用のシートです。シートの活用によりブルーライトを50%ほどカットできますし、これだけでも視力回復への手助けになります。

 

日常生活では、パソコンやスマートフォンを使う時間を意識的に調整することが大切ではないかと思います。目が疲れたなと感じたら、とにかく遠くを眺めて目の筋肉をほぐしてあげるわけです。

 

眼の筋肉がしっかりほぐれると、視力回復にある程度の効果があります。至近距離の画面ばかりみてると目の筋肉がかたまってしまいますから、遠くを眺めることでバランスと調整してあげることが大切です。

 

液晶画面の話だけではありません。手元での作業ばかりしてると、やはり目の筋肉がこってしまって疲れてきますから、定期的に休憩を取り、目を休ませてあげることがとても大切になってきます。

 

電化製品であふれた現代社会において、あまりに目が疲れる場合は、ブルーライトを避けるメガネも有効活用したいアイテムのひとつです。それをつけていれば、視力を悪化させる可能性の高いブルーラートの影響を軽減できますし、視力回復の手助けにもなります。

 

あとは、自分でできる目のストレッチも日常生活に取り入れたいです。目が疲れると目をこする人がいますが、あれは眼球を痛めてしまいますから、手の平で目全体を覆うおうにして目の筋肉をストレッチさせてあげるようなことも視力回復に効果があります。

 

40代男性からの投稿


このコーナーでは、読者様からの投稿を募集しております。目のコンディションを整えるために、あなたはどのようなことに気をつけていますか? 日常生活のちょっとしたことでもかまいませんので、何かありましたらぜひ教えてください。

ご連絡はこちらから≫


page top