視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復のヒント】ホットタオルで目を温める方法について

スマートフォンを使うようになってから、徐々に視力が低下してきたという男性にお話をうかがいました。視力低下以外にも、目のかすみやぼやけなどがあり、とても調子が悪かったそうです。ある研究結果で、目を温めることで視力回復が見込まれるという情報を知り、さっそくご自身でも試してみたそうです。


 

 

 

1.スマートフォンを使い始めてから視力低下が気になりはじめました

 

ここ最近、スマートフォンを持ち始め、たくさんのアプリをやりこんでしまう毎日を送ってしまいました。持つ以前は、主にパソコンを使用していましたが、時間の制限などをかけて画面を見る時間を決めていました。

 

しかし、屋外でもつかえるスマートフォンで、時間の制限がなくなり、気づいたときには、以前の2倍ほどの閲覧時間になっていました。そのような生活が2年間程続き、日常生活に障害をきたすほど視力が低下していきました。

 

最初の弊害として、以前まで遠く見えていたのに、かすれたり、ぼやけたりすることが多く、次第に視力の低下をひしひしと感じ始めていました。特に、趣味である野球の練習をしている時には、特に視力の低下を感じました。

 

また、意外な弊害として、睡眠量が大幅に増えてしまったことです。目を酷使してしまったことにより、いくら寝ても寝たりないということが起き、朝がとてもつらく感じました。

 

2.目を温めることで視力回復が見込まれるとの情報を知りました

 

これではまずいと思い、視力の維持、向上について調べ始めました。ネット上にはたくさんの情報が溢れており、また、その情報一つ一つに根拠のないものが多く、実行まで移せませんでした。

 

そもそも、私の両親や弟は皆眼鏡やコンタクトレンズを着用しており、遺伝的なものなのかと諦めつつも、幾つかの方法をピックアップして、試してみたものの、実感できるほど効果が出ず、眼精疲労で睡眠量が増えてしまっているという問題の解決もされませんでした。

 

そんな折、ある研究結果がでて、実行に移してみることにしました。その実験結果とは、「シャワーで目を温めなかったときより、温めた時の方が視力が回復する。さらに、36℃のお湯で温めた時は0.1度、42℃のお湯で温めた時は0.3度の視力回復が見込まれる」とのことでした。

 

原理としては、目の血管を温めることにより、血管を拡張され、つまりを取り除くことで、血行がよくなり、視力回復が見込まれるとのことです。

 

3.目を温める方法の具体的なやり方

 

具体的な方法として、ホットタオルを作成し、目に当てるだけです。ホットタオルの作り方は、水分を含ませたタオルを電子レンジで2〜3分温めるだけです。タオルを電子レンジから出した際に、非常に熱くなっており、火傷には十分気を付けながら、一度広げてたたみ直してから使用すると、お肌に適度な温度になります。

 

 

 

簡単な方法なだけに、本当に効果があるのか半信半疑でした。しかし、今現在、この方法を試して1ヵ月経ちましたが、とても効果を感じています。主な効果としては、以前までと同じスマートフォンの閲覧量ですが、遠くの物を見たときのぼやけが、すこし薄くなりました。

 

そして、朝起床したときに、目に疲れを感じず、スッキリ目覚めることが出来ました。同時に、体の疲れも取れ、とてもスッキリでした。この方法を実践してから、生活サイクルが安定し、体のコンディションを常に良いとこで保つことができるようになりました。

 

 

 

ただし、この方法を試しているときの課題として、ホットタオルの熱の持続性の効率の悪い所が挙げられます。最大の視力回復に適した42℃が保つことができず、それどころか、冷たくなっているタオルを目の上に置いてしまっていて、逆効果だでした。

 

なので、1〜2分程度の温めなおしや、水分をタオルにまた含ませるなどして42℃の状態を保つことが必要だと思いました。

 

 

 

4.まとめ

 

視力は一度落ちてしまうと、回復が見込まれないいうことが今までの常識でした。しかし、視力が低下していることに悩んでいたり、いくら寝ても疲れが取れない時は、目を温めてみてください。個人差はありますが、1週間した頃から効果を実感できます。

 

諦めずに、毎日続けることで、少しずつですが、改善が期待されます。裸眼で視力に自信がある方も、眼鏡やコンタクトレンズを着用して、これ以上の視力の低下を抑えたいという方も、ぜひお試しください。

 

30代男性からの投稿


このコーナーでは、読者様からの投稿を募集しております。目のコンディションを整えるために、あなたはどのようなことに気をつけていますか? 日常生活のちょっとしたことでもかまいませんので、何かありましたらぜひ教えてください。

ご連絡はこちらから≫


page top