視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【視力回復のヒント8】ゲームのやり過ぎは仮性近視の原因になる

親としては子供にゲームを与えるかどうか悩んでしまうものです。ですが、まわりのお子さんがゲームをやっている中で、自分の子供だけゲームをさせないのもかわいそうに思ってしまいますし、結局はゲームを与えてしまうケースが多いと思います。ゲームを与えること自体は仕方がないですが、大切なことは時間を決めて、節度を持ってゲームをするという習慣をつけさせること。それさえできていれば、ゲームのやり過ぎで仮性近視になるということは防げるように思います。


 

 

子供の仮性近視に多い原因としてゲームのやりすぎ、などがあります。仮性近視とは、目を酷使することによって、目のピントが合わなくなり、筋肉が凝り固まってしまい、一時的に視力が衰えてしまうという症状になります。

 

しかし、これは一時的となりますので、目をほぐしてみたり、目を休めてみたりなど、休憩してみたりすることで、症状が改善することも多いです。こちらの仮性近視となる原因として、最近の子供は、近くのものを長時間見続ける機会などが多いからである、といわれています。たとえば、読書やゲーム、スマートフォンなどは、大変目を酷使するといわれています。このため、近視の原因となりやすい、といわれています。

 

 

現代社会においては、インターネットなども普及している世の中ですので、目を酷使する機会が多いです。また、部屋にいる場合には、逆に遠くを見る機会が少ないため、近視が進んでしまうのです。特に思春期は仮性近視になりやすい、また近視が進みやすい年代といわれており、20歳ごろまで近視は進み続ける、といわれています。このため、早いうちに対策をすることが必要なのです。

 

まず、仮性近視を改善するためには、ゲームをやった後には、一定期間目を休める、または目をほぐすなどの工夫が必要です。目を休めることで、一時的に症状が改善しますし、筋肉が凝り固まってしまうことを防ぐことができます。また、ゲームや、スマートフォンの操作などは、あまり長時間やり続けずに、時間を決めてプレイをするということが必要です。

 

仮性近視、もしくは真正近視が疑われる場合、またどちらか見分けられない場合、こういったときには、すぐに眼科で相談をし、視力トレーニングなどを行うようにしましょう。放っておくことで、さらに近視が悪化し、真正近視になってしまうという可能性も高いのです。このため、もしも近視が疑われる場合には、すぐに眼科で対策をすることがお勧めです。

 

30代女性からの投稿


このコーナーでは、読者様からの投稿を募集しております。目のコンディションを整えるために、あなたはどのようなことに気をつけていますか? 日常生活のちょっとしたことでもかまいませんので、何かありましたらぜひ教えてください。

ご連絡はこちらから≫


page top