視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

メガネ業界、コンタクトレンズ業界とのつながり?!

 

証拠はありません。

 

証拠はありませんが、あのときの
眼科医の対応は、「それ」を疑わせるのに
十分なものだったと思います。

 

 

「そろそろメガネにしましょうか?」

 

 

うちの子供を眼科に連れて行ったとき、

 

眼科医の先生は、たいした治療行為も
行わずに、メガネをすすめてきました。

 

 

メガネにするしかないなんて、そんなことありえない
と思って、すごく頭にきたし、セカンドオピニオン
みたいなことも考えました。

 

 

そして・・・

 

 

あのときの眼科医の真意は分かりませんが、
何らかのマージンのようなものがあるのでは
ないかと疑ってしまいました。

 

 

解決策は本当にメガネしかないのか?

 

 

メガネをすすめてくるのであれば、
私たちがそれを納得できるだけの根拠を、
眼科医は示すべきです。

 

 

しかし・・・

 

 

明確な根拠の説明がないのであれば、
あきらめるのはまだ早いです。

 

 

視力回復トレーニングは、2〜3ヶ月程度の
比較的短期間で、視力回復の見込みが
あるのかないのかがハッキリします。

 

だからこそ、いきなりメガネにするのではなく、
メガネの前に視力回復トレーニングを試してみる
価値があると思うんです。

 

 

子供の視力が回復するかもしれない可能性を、
私たち親がみすみす手放すべきではありません。

 

あとで後悔しないためにも、できるだけ早く
視力回復トレーニングを始めてください。

page top