視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

視力回復トレーニングは一種の「民間療法」

 

お医者さんというのは、

 

医学部で「西洋医学」を学び、国家試験に
合格して医師免許を取得した人のことです。

 

 

ここで、「西洋医学とは何か?」という
ことについて考えてみましょう。

 

 

「西洋医学」とは?

 

 

「西洋医学」の考え方では、

 

病気という「現象」を客観的に観察して、
「原因」を取り除くことを目標とします。

 

 

例えば・・・

 

 

【症状】熱がある、せきが出る、寒気がする

 

 

【原因】カゼのウイルス

 

 

【対策】解熱薬、せき止め薬、抗生物質

 

 

何らかの症状に対して、原因を突き止め、
その原因を取り除こうとするアプローチです。

 

 

お医者さんの判断のベースとなるのは、
基礎研究を積み重ねて得られた学術的な
知見であり、

 

あくまでも、理路整然としたアプローチです。

 

 

科学的、数学的な理論がベースにあり、
効果の出るメカニズムを明らかにした上で
医療現場で応用されています。

 

 

一方で・・・

 

 

「民間療法」を医者は信じない!

 

 

「民間療法」というのは、昔から経験的に
効果が確認されている治療法です。

 

ただし、そのメカニズムが必ずしも
明らかではないケースも少なくありません。

 

 

例えば・・・

 

 

【症状】熱がある、せきが出る、寒気がする

 

 

【原因】不明、不問(←原因を必ずしも特定しない)

 

 

【対策】生姜湯(しょうがゆ)を飲んで暖かくして寝る

 

 

生姜湯が、カゼにどの程度効果があるかは
西洋医学的には証明することが難しいです。

 

 

おそらく、生姜の栄養と、お湯で体を温めることで、
自然治癒力を最大限に発揮させようとする工夫だと
思われますが、

 

お医者さんが生姜湯をお薬のように
処方してくれることはありません。

 

 

お医者さんは、西洋医学の観点から
科学的、数学的に根拠が明確な医療行為しか
行わないからです。

 

 

視力回復トレーニングは一種の「民間療法」

 

 

当サイトでは、子供の視力が低下して
きたら、すぐに「視力回復トレーニング」を
始めるべきだと考えます。

 

 

なぜなら、うちの子供も、学校検眼で
「C判定」をもらって来ましたが、

 

すぐに視力回復トレーニングに取り組んだことで、
視力がちゃんと回復したからです。

 

 

しかし・・・

 

 

眼科に子供を連れて行っても、眼科医の先生は
視力回復トレーニングをすすめることはありません。

 

 

なぜなら、視力回復トレーニングは
一種の「民間療法」なので、お医者さんは
効果を信じていないからです。

 

 

「信じていない」と言うよりも、

 

患者さんに理路整然と説明できるだけの
科学的根拠を持たないため、自信を持って
おすすめできないわけです。

 

 

親であるあなたが決断して始めるしかありません!

 

 

視力回復トレーニングは、早めに取り組めば、
子供の仮性近視がきちんと治ります。

 

西洋医学的に、効果を数値化することが
難しいですが、実際に仮性近視が治った子供たちが
たくさんいることから間違いありません。

 

 

眼科の先生は、子供の仮性近視を治す
有効な方法を知りません。

 

だからこそ、眼科医の指示を待つのではなく、
親であるあなたが判断して、視力回復
トレーニングを始めてください。

page top