視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

視力回復トレーニングをなるべく早めに始める

 

子供の「仮性近視」は、放っておくと、どんどん
進行して、「真性近視」になってしまいます。

 

その移行期間は、一概に言えませんが、一般的には
「数ヶ月〜1年程度」ではないかと考えられます。

 

 

つまり・・・

 

 

もし、あなたのお子さんの視力が落ちてきていることに
気がついたなら、すぐにでも視力回復トレーニングを
開始する必要があるということです。

 

 

近視の進行は待ってはくれません。

 

とにかく時間との勝負になりますので、
すぐに行動するようにしてください。

 

 

「仮性近視」って何?

 

 

「仮性近視」の最初のきっかけは、
眼の筋肉(毛様体筋)が硬くなることです。

 

毛様体筋(もうようたいきん)というのは、
目の中の「水晶体」というレンズの厚みを変えて
ピントを合わせる役割を持った筋肉です。

 

 

例えば・・・

 

 

ゲームの画面を、何時間もずっと見続けている間は、
同じ一点を見つめているだけなので、目のピントを何度も
合わせる必要がありません。

 

すると、毛様体筋を数時間、ほとんど動かさない
状態が続くことになります。

 

 

【仮性近視の原因1】毛様体筋をほとんど動かさない

 

 

さらに言えば、ゲームの画面を見続けるというのは、
「近く」だけをずっと見続ける状態です。

 

近くのものにピントを合わせるためには、毛様体筋が
水晶体をずっと押し続けていないといけません。

 

 

つまり、毛様体筋という筋肉に、ずっと力が
入っている状態になるため、筋肉がすごく疲れた
状態になるわけです。

 

 

【仮性近視の原因2】毛様体筋にずっと力が入っている

 

 

例えば、重たいものを持ち続けていると、
腕の筋肉が疲れてきて、プルプルと痙攣(けいれん)して
きたりすると思いますが、

 

眼の筋肉(毛様体筋)についても、
全く同じような疲れた状態になっているわけです。

 

 

その状態が続くと、毛様体筋がだんだん硬くなってきて、
目のピント調整機能が低下してきます。

 

それが、「仮性近視」の初期症状です。

 

 

仮性近視の原因をすぐに取り除きましょう!

 

 

仮性近視の症状をほったらかしにすると、
目のピント調整機能がどんどん低下していきます。

 

 

さらに、子供は成長期で身体が大きく
なっていきますので、

 

眼球も大きくなっていき、遠くのものにピントを
合わせることがどんどん難しくなっていきます。

 

 

そのため、仮性近視の初期症状に気がついたら、
すぐに対策する必要があるということです。

 

 

具体的な対策としては・・・

 

 

  • 「アイストレッチ」・・・目の筋肉をリラックスさせる
  • 「遠近トレーニング」・・・ピントを合わせるトレーニング

 

 

↑↑↑

 

この2つを組み合わせた視力回復トレーニングを
すぐに始めてください。

 

 

仮性近視は、原因を取り除けば、ビックリするほど
簡単に回復させることができます。

 

だからこそ、視力回復トレーニングを
なるべく早く始める必要があるわけです。

page top