視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

目にいい環境を整えてあげる

 

文部科学省の統計データによると、

 

視力に問題のある子供の割合が、
年々増加傾向にあるそうです。

 

 

例えば、視力が1.0未満の「小学生」の割合は・・・

 

平成4年(約22%)⇒ 平成24年(約31%)

 

↑↑↑

 

20年前と比較して、視力に問題のある子供の割合が
10%程度も増加しているということです。

 

 

子供を取り巻く「目に悪い環境」

 

 

このような結果が出たのは、
決して偶然ではないと思います。

 

つまり、現代社会は、子供の目に悪影響を及ぼす
ようなものであふれているということです。

 

 

例えば・・・

 

  • 大型テレビ
  • 携帯型ゲーム機
  • スマートフォン

 

 

これらが100%悪いと言うつもりはありませんが、
時間を決めて利用するなど、節度を持った使い方を
しなければならないのは間違いありません。

 

 

つまり・・・

 

 

親が子供に対して、これら「目に悪い」と思われるものを、
どのように利用すべきかを、きちんと教育してあげることが
大切だということです。

 

 

子供の栄養管理も気をつけましょう!

 

 

子供の視力と食事は関係ないと
思われるかもしれませんが、

 

最低限、栄養バランスに配慮した食事を
心がけることは大切なことだと思います。

 

 

ポイントとしては・・・

 

 

子供の目が疲れやすい環境にある
ことが問題ですので、

 

「眼精疲労」に効果のある食材を
意識的に取り入れるといいです。

 

 

効果

含まれる食材

アントシアニン

目の内部の網膜に存在する「ロドプシン」の再合成を助ける。「ロドプシン」は目の中に入ってきた光を、視覚情報に変換して脳に送る働きがあるが、そのつど分解されてしまうため、アントシアニンによる再合成促進効果が目にいいとされる。
  • ブルーベリー
  • 黒豆
  • ぶどう
  • しそ

ビタミンA

皮膚や粘膜を健康に保つ働きがある。ビタミンAが不足すると、網膜の健康状態が損なわれ、夜盲症などの視覚障害を引き起こす原因となる。
  • レバー
  • にんじん
  • パセリ
  • ほうれん草

ビタミンB群

ビタミンB群が不足すると、視神経の働きがにぶり、目と脳の連携が悪くなってしまいます。そのため、眼精疲労を引き起こし、肩こりや頭痛などになってしまいます。
B1
  • 麦芽米
  • 豚肉
B2
  • レバー
  • 納豆
B6
  • バナナ
  • ナッツ
B12
  • シジミ
  • レバー

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの合成に欠かせない栄養素です。お肌のコンディションを整えることで有名ですが、毛細血管を強化する働きがあるため、目の機能強化には欠かせない栄養素です。
  • グレープフルーツ
  • キウイフルーツ
  • アセロラ
  • トマト
  • ほうれん草
  • ブロッコリー

DHA

魚の目の裏側のゼリー状の部分に、多くのDHAが含まれているということを聞いたことはないでしょうか。実は、人間の目も同様で、網膜の部分に多くのDHAが含まれています。そのため、DHAを摂取することで、目の働きを向上させることができます。
  • サンマ
  • サバ
  • マグロ
  • アジ
  • カツオ

ルテイン

目は常に紫外線にさらされています。そして、紫外線は活性酸素を発生させるため、目の老化につながります。ルテインは、人間の体内では、網膜のみに存在し、その強い抗酸化作用によって目を守る働きがあります。
  • ケール
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • 葉レタス
  • グリーンピース
  • にんじん
  • ミニトマト

 

※これらの栄養素が視力回復に直接効くわけではありません。
※視力回復トレーニングと合わせてご利用ください。

page top