視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

子供の視力を守るために親が意識すべき3つのポイント

 

子供の視力を守るのは、
やはり親の責任だと思います。

 

 

と言うのも・・・

 

 

視力の低下は徐々に進行するので、

 

子供は、自分の視力が落ちてきても、それが
異常かどうかがよく分からないからです。

 

 

子供の視力が低下してきたかどうかを、
親が注意深くチェックして、もし異常があると
思ったら、すぐに対処すべきなんです。

 

 

さらに・・・

 

 

子供は過去に視力が低下して困った経験が
ないため、視力が低下してきても、緊急に対策が
必要な大問題とは考えません。

 

そのため、親が注意して子供の様子を
観察していないと、手遅れになってしまう
危険性が高まってしまうわけです。

 

 

そこで、ここでは、子供の視力を守るために、
親が意識すべき3つのポイントについて考えてみましょう。

 

 

子供の視力を守るために親が意識すべき3つのポイント記事一覧

子供と毎日顔を合わせていても、視力が低下してきていることに気づくのはなかなか難しいことです。現実に、年に一回の「学校検眼」で、悪い判定をもらってきて、はじめて子供の視力低下に気づくケースが非常に多いです。そして、「なんでもっと早く気づいてあげることができなかったんだろう」と、後悔してしまうわけです。見てるつもりで見てないことが多い例えば、1枚の絵を1分間ジーっと見つめて、3分後に何が書いてあったか...

文部科学省の統計データによると、視力に問題のある子供の割合が、年々増加傾向にあるそうです。例えば、視力が1.0未満の「小学生」の割合は・・・平成4年(約22%)⇒ 平成24年(約31%)↑↑↑20年前と比較して、視力に問題のある子供の割合が10%程度も増加しているということです。子供を取り巻く「目に悪い環境」このような結果が出たのは、決して偶然ではないと思います。つまり、現代社会は、子供の目に悪影...

子供の「仮性近視」は、放っておくと、どんどん進行して、「真性近視」になってしまいます。その移行期間は、一概に言えませんが、一般的には「数ヶ月〜1年程度」ではないかと考えられます。つまり・・・もし、あなたのお子さんの視力が落ちてきていることに気がついたなら、すぐにでも視力回復トレーニングを開始する必要があるということです。近視の進行は待ってはくれません。とにかく時間との勝負になりますので、すぐに行動...

page top