視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【三日坊主防止法3】さりげなく「見え方どう?」と聞いてみる

 

子供は、大好きな親にかまってもらいたいという、潜在的な欲求を持っています。ほったらかしにされるのがイヤなんですよね。だからこそ、子供がやっていることについては、定期的に、継続的に、注意を払ってあげることが大切なんです。

 

かといって、あんまりしつこくするのも逆効果。うざったがられるだけです。そこで・・・

 

 

たまに話題に出すことが効果的です!

 

 

1週間に1回くらいでいいので、子供の視力回復トレーニングに関係のある話をしてみてください。例えば、夕食のときなどに、「最近、見え方どう?」って、聞いてみるだけでも大丈夫です。

 

 

 

 

そうすると、子供は、「お母さんが心配してるしがんばって続けなくちゃ!」って思ってくれます。しかも、ちゃんと視力が回復しているかどうかを親がチェックすることもできて一石二鳥ですよね。

 

 

メールサポートも積極的に活用しましょう!

 

 

子供は親が期待していると、とにかくがんばってやってくれたりします。ですが、やり方を間違えていたりして、効果が出ないまま続けさせるのはかわいそうですよね。

 

そこで、もし思ったような効果が出ていない場合は、親であるあなたが、問題点を見つけてあげることが大切です。メールサポートが付いている教材なら、積極的にサポートを利用してください。以下のような情報を整理して、メールサポートでノウハウ提供者に相談するといいです。

 

メールサポートを受ける際に伝える情報(例)

 

  • 取り組み始めてどのくらい経過したか?
  • 毎日どのくらい取り組んでいるか?
  • 現状の見え方はどんな状態か?

 

全額返金保証が付いている教材なら、質問が無視されるようなことはありませんし、何度かメールをやり取りしながら、問題点や改善点をアドバイスしてもらえるはずです。

page top