視力回復方法徹底比較〜小学生の子供の仮性近視対策〜

【三日坊主防止法1】最初は子供といっしょにやってみる

 

視力回復トレーニングが三日坊主になってしまう一番ありがちな理由は何か? それは、「教材だけ買い与えて、あとは子供に丸投げ!」というものです。当然のことですが、これだと、子供が自分からすすんでトレーニングしてくれることはありません。

 

大切なことは、親がきちんと「子供の視力に責任を持つ」ということ。つまり、親としての「あなたの覚悟」が問われてくるわけです。

 

 

「なぜやるのか?」が理解できないと自分からはやってくれない

 

 

まず、いきなり視力回復トレーニングの教材を渡されても、子供は、なぜそれをやらないといけないのか、それをやればどんなメリットがあるのか、全く理解できません。

 

 

 

 

「それをやれば目が良くなるのよ!」などと言ってもまったくムダです。なぜなら、視力が悪いと困るということが、本人の実体験ベースで心から理解できないからです。心から理解できないため、必要性を感じないわけです。

 

 

 

 

子供が自ら積極的に視力回復トレーニングをやってくれることはありえない。まずは、このような前提で考えることが重要ではないかと思います。

 

つまり、最初の最初は、あなた自身が子供といっしょに視力回復トレーニングをやってみることが必要だということです。親が真剣にやる姿を見せることが、最初のスタート時点では最も効果がある方法なんです。

 

 

やり方が理解できないと自分からはやってくれない

 

 

子供は、しっかりしているように見える子供でも理解力は低いと思った方がいいです。つまり、視力回復トレーニングの教材をポンッと渡しても、子供が自分だけで教材の中身を理解することはできません。そして、中身を見ることも、実践することもなく放置してしまい、視力を回復できないわけです。

 

だからこそ、最初の最初は、親であるあなた自身がやり方をしっかり理解して、子供に教えてあげることがとても大切です。まずはあなたが教材の中身をしっかり確認して、一度自分でやってみてください。そして、以下のようなポイントを、あなた自身の言葉で話してあげてください。そこまでしてあげると、子供はようやく理解することができるはずです。

 

 

  • トレーニングの細かい手順
  • やり方のコツ
  • マニュアルに書いてある注意点

 

ちなみに、とても大切なポイントとして、以下のことを強く意識してください。

 

視力回復トレーニングで効果を上げるポイント

 

「自己流でやらない!」
「勝手なアレンジを加えない!」
「教材で指示されたことをそのままやる!」

 

 

 

例えば、野球でも、テニスでも、自己流のやり方でバットやラケットを1,000回振ったって、絶対にうまくなることはありません。それと同じことで、視力回復トレーニングも、自己流が入ってしまうと効果が出にくいです。むしろ悪い結果につながることすらありえます。

 

子供は、どうしても楽な方、楽な方に流れてしまいがちです。そのため、視力回復トレーニングをやっていても、ついつい、ポイントを外して、自己流で適当にやってしまったりするんです。

 

もし、あなたのお子さんが、「自己流」になっているなら、そのつどあなたが軌道修正してあげないと、視力回復の効果は得られません。

 

 

習慣が付けば子供は勝手にやってくれる

 

 

一般に、「トレーニング」と名のつくものは、どんなものでも、地味な作業の繰り返しが必要です。勉強でも、スポーツでも、「トレーニング」は基礎的なことを何度も何度も、地味に繰り返していかないといけません。だからこそ、つまらないし、大変だし、イヤになったりしてしまいます。

 

 

 

 

しかし、最初は大変でも、慣れてくると、それほど大変じゃなくなってきます。一日のルーチンワークとして、あたりまえのようにできるようになるんです。習慣がつけば、子供は自分から勝手に視力回復トレーニングをやるようになります。

 

とにかく、習慣がつくまでの最初のうちが大切ですので、あなた自身が積極的に関わって、子供といっしょにやってみてください。

page top